2014夏限定 シド性能評価

2017年4月7日

性能評価

(総合評価S)

入手方法

2014夏ガチャ限定精霊

ステータス

主属性:火属性 複属性:なし
HP:2764(3164) 攻撃:6232(6632)
AS1
味方のMAXHP10%を使い、火属性の敵単体へ特効ダメージ(750)
AS2
味方のMAXHP10%を使い、火属性の敵単体へ特効ダメージ(850)
SS1(4-7)
(自己犠牲魔術)
スキル反射を無視し、MAXHPの50%を使い敵全体へダメージ(350)
SS2(6-9)
(自己犠牲魔術)
スキル反射を無視し、MAXHPの50%を使い敵全体へダメージ(600)

詳細

ASは開幕から発動する味方全体のHPを使用しての特効で倍率が非常に高い
攻撃力も高いので得意属性のみとはいえ非常に高いダメージを与えることができる
SSは自己犠牲魔術となっておりこちらもHPを消費するタイプであることからHP管理には注意が必要
スキル反射無視の全体攻撃で発動も早くボス戦の開幕に使うのに向いている
レジェンドになれば倍率が大きく上がり潜在で攻撃力も上がるのでSS2で使っていきたい
倍率は低めに見えるが精霊の攻撃力が非常に高いので火力も高い
初速が高くSSも優秀なことからトーナメント向きの精霊ではあるが、HPもそこそこあるので戦後回復などでフォローすれば通常のクエストでも十分運用可能
トーナメントでの使用の際はSS2で大きく威力が上がることからスキルチャージと組み合わせて運用するとよい

他精霊との比較

(VSメアレス1ミリィ)
ASは快調攻撃でシドと比べると倍率は低いが初速から300%の火力を出すことが可能で属性を問わずダメージが出るのが利点
レジェンド状態では2000程攻撃力差があるが、SSの反動大魔術は全体に結晶込みで1200%の倍率で攻撃が可能でシドは結晶込み900%となる
シド9000ミリィ7000の攻撃力と仮定した場合、シドは81000ミリィは84000とSSの火力では勝る
さらにヴェレフキナで2000アップしている場合は9000の差が出る
そのためトーナメントのラストをSSで倒すことを考えた場合はミリィ・初速重視ならシドといった使い分けも可能

ご意見ご感想誤字等ございましたら
メッセージフォームよりお送りいただけると幸いです