舞い降りた異界の姫君 チェルシー(火闇)性能評価

2017年1月6日

火闇チェルシー

性能評価

(総合評価B)
相互進化の火光はコチラ、水光はコチラ、水闇はコチラ、雷光はコチラ、雷闇はコチラ

入手方法

3000万DL記念クエスト舞い降りた異界の姫君報酬
(イベント開催中のミッションでも入手可能)
(最終進化にはイベント開催中通常エリアの宝箱などで入手可能な家宝が必要)

ステータス

主属性:火属性 複属性:闇属性
HP:3890(4290) 攻撃:2304(2804)
AS1
火属性の攻撃力をアップ(30)
複属性が闇属性だとさらにアップ(30)
リーダー時さらにアップ(20)
AS2
火属性の攻撃力をアップ(60)
複属性が闇属性だとさらにアップ(30)
リーダー時さらにアップ(20)
SS1(1-4)
(回復)
味方全体のHPを回復する(50)
SS2(5-8)
(回復)
チェインプラス2の効果、さらに味方全体のHPを完全に回復する

詳細

ASは開幕から発動のエンハンスで複属性が闇であれば効果がアップする
チェルシーをリーダーにすることでさらに倍率が上がり開幕から80%のエンハンスをかけることが可能となる
闇属性で固める必要はあるが初速に大きく貢献できる
闇属性で固める必要があるので手持ちに大きく左右される精霊だが、火闇属性にはアブロガンティという優秀な配布アタッカーがおり、チェルシーのSSでアブロガンティのSSを連続で使うことができるようになるので相性も良く比較的組みやすいといえる
SS1の回復は初回1ターン目で発動でき、回転もそこそこ速いので低難易度であればこのスキルで回復を賄うことも可能
序盤から攻撃の激しいステージでは攻撃をしのぐために使うこともできるなど用途は広く便利なスキル
ただし状態異常回復やステータスアップなどの付加効果があるわけではないので、できるならば付加効果のあるスキルを使いたいところ
SS2のチェインプラスは初回5と遅く、チェインプラスの必要性は低くなっているターンでの発動となるため付加効果としては微妙なことからスキルはSS1を使っていく方が良い
相互進化可能な光属性とは手持ちやデッキ構成で使い分けが可能

他精霊との比較

(VS火光チェルシー)
複属性属性の違いからエンハンスの対象属性が違うことSS2が状態異常回復になっていること以外は全く同じ能力
光は異常回復として、闇は純粋な回復精霊として使い分けることができる
なお配布の質は闇の方が高くデッキは光よりくみやすい

ご意見ご感想誤字等ございましたら
メッセージフォームよりお送りいただけると幸いです